当協会理念

HOME | 食品サンプルマイスター協会理念

食品サンプルマイスター協会の考え

食品サンプルの作り方をご指導します。

食品サンプルの作り方は様々です。
草創期は寒天の型に、ロウを流し入れて作っていました。
ラーメンの麺は平く伸ばしたロウを手切し、スープはゼラチン製でしたので、壊れやすかったり、展示場所によっては溶けたりと、作りやすさの反面、もろかったのです。

食品サンプル職人の苦労と努力

ロウの欠点を如何克服するのか?

素材の研究を重ね、現在はプラ樹脂が主流です。
型をシリコーンに変えることで、寒天では再現不可能だった
細かい商品も再現できるようになりました。
 

食品サンプルマイスター協会では、職人の苦労話や、アイデア誕生秘話もリスペクトして、お話します。

食品サンプル作りを通して、”食品サンプルの世界を深く知る”  “物作りを一生の楽しみに出来る“そんな空間をご提供いたします。

092-567-0011

福岡市南区柏原4丁目20-30
駐車場有り(要予約)
受付時間10:00~16:00 不定休